HOME>info>出産内祝いで贈るべき品と贈ってはいけない品の違いとは?

出産内祝いで贈ってはいけない品とは?

出産内祝いを贈る際に、どの品が贈っていいか・どの品が贈ってはダメなのか分からない方も少なくないでしょう。出産内祝いでは、縁起が良く無いと想像される品を贈ってしまうと、相手に失礼になるので気を付けないといけません。では、それはどんな品になるのでしょうか。以下のリストを参考に、NGな品を贈らないように気を付けてください。

出産内祝いでNGな品

  • 縁を切るとイメージされる刃物類
  • 法事のお清めの印象がある塩
  • 苦しい事や死を想像される櫛
  • 年配の方に贈ると嫌な思いをする現金や商品券
内祝い

値段を感じさせないように

出産内祝いとは、出産祝いを貰った人に返す贈り物です。冠婚葬祭に当てはまりますので、失礼のないように送ることが大切です。例えば、一人暮らしの方に洗剤のセットなど送っても困るでしょうし、年配の方に若い人向けの物を送っても困るでしょう。どうしても相手の欲しいものが分からないという場合は、カタログギフトなどを贈ると失礼には当たらないのではないでしょうか。どの贈り物をした場合でも、気をつけなければならない事は、なるべく値段のわかりづらい物を贈るという事です。高額の出産祝いをもらったのに、安いものしか返ってこなかったなどと気にする人は気にします。相手との関係を悪くさせない為にも、金額が分かりにくいものを贈ることもマナーの一つです。

あらかじめ用意しておく

出産内祝いは、貰った金額の1/2から1/3程度のものを返すのが一般的なマナーとなっています。また、赤ちゃんが生まれてから1ヶ月以内に返すことがより好ましいでしょう。出産後は、考えている以上にバタバタしますので、出産祝いを貰ったら必ず貰った金額と名前、住所をメモしておきましょう。また、出産前にいくつか金額に合わせてめぼしい贈り物を選んでおくのも、出産後にバタバタしなくてすむため、とてもおススメです。

広告募集中