贈った相手の反応が気になる出産内祝い

出産した際に、家族や近しい人達に贈る出産内祝いがあります。それを贈ると、どんな反応をしてくれるのでしょうか。以下の口コミをピックアップしたので、見てみると良いでしょう。

出産内祝いを贈った方の口コミ

とても喜ばれました

出産内祝いを贈ると、ありがとうと連絡を貰いました。それに、ギフトを贈っていたため、選ぶのが楽しみとも言っていたので、本当に喜んでいましたね。

次回も購入しようと考えています

以前、友達が出産内祝いの事を教えてくれたので、スムーズに出産内祝いの品も決めることが出来ました。食品ギフトを出産内祝いとして贈ると、家族にビックリされましたが、喜んでもいたので満足しています。なので、次に子供を出産する際もこのギフトを贈ろうと思います。

気に入っています

出産内祝いとして贈る品は決まっています。それを贈ると、毎回みんな喜んでくれる上、私も自分様に購入しています。自分が良いと思うモノが、他の人にも喜んで貰えるモノになっているので嬉しいです。今後も機会があれば、色んな内祝いの品として贈っていきたいです。

内祝い

会社の人に送る際には

出産内祝いを贈る場合、お祝いを頂いた1ヶ月後以内に送る事がマナーとされています。結婚式などでは、引き出物としてその場でお礼を受け取ってもらえますが、出産内祝いはそうともいきません。その為、出産内祝いを送る際には郵送にする事が好ましいといえます。特に、会社の上司や同僚に内祝いを送る際は会社に持っていくと荷物になってしまいますし、出産祝いを貰っていない人に対する嫌味となってしまう可能性もあります。出産祝いをくれた人に対して事前に出産内祝いを送っても良い日と時間を聞いておき、その時間帯に送るようにすると、事前に家族にも伝えてもらう事が出来るため、急に送ってびっくりされる事もなく良いでしょう。また、送る品物と一緒にお礼状を挟んでおくと、感謝の気持ちが伝わりやすくなり、贈った相手にも喜んでもらえるはずです。

相手に合わそう

出産内祝いというのは、赤ちゃんが産まれた幸せのお裾分けという意味が本来の内祝いの意味となります。元々は身内が出産した事をお祝いし、幸せのお裾分けをするために身内を招いて内々でお祝いをしていたのですが、今では、出産祝いをくれた人に対してお礼を送ることを出産内祝いといいます。内祝いを送る際は、相手の家庭の事情に合わせて送る量や中身を変えるようにしましょう。家族のいる人と独身の人と同じ量を送っては、片方が多かったり少なかったりしてしまいます。相手に合わせて適量を送るというのも相手に対するマナーとなります。そのほかにも、小さい子供がいる場合は、両親だけが食べられるものではなく、小さい子供も食べられるようなお菓子やスイーツを送るようにすると、気遣いが相手に伝わるのでは無いでしょうか。また、自分がもらって嬉しいものにすると良いでしょう。

広告募集中